2010年9月アーカイブ

 大阪市浪速区の通天閣に9日、ネックウオーマー型の赤い巨大マフラーが巻かれた。2月10日の「ニットの日」に合わせたイベントで、ツー・テン(2・10)の語呂合わせから、高松市のPR会社が発案。日本編物文化協会大阪府支部などの協力で、堺市立新浅香山小学校と香川県さぬき市立多和小学校の児童が手編みを学習。編み上げた作品などを布に張り合わせ、長さ約8メートル、幅約2メートルのマフラーに仕立てて、地上75メートルの高さに設置した
http://video.mainichi.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48227968/48227968peevee296119.flv

 

 

http://www.47news.jp/news/photonews/2010/02/post_20100210110833.php

 

 

2011年2月10日まで150日

とかいた

2010年9月13日

http://www.gbajapan.com/2010/09/20109132011210150.html

 

ネットの産経ニュースで「橋下大阪知事、小中学生のUSJ招待を断念」

の記事をみつけました。

http://sankei.jp.msn.com/topics/politics/6401/plt6401-t.htm

 

「大阪府内の公立小中学生全員を

公費を使って

大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」に

招待する

構想を提案していた橋下徹知事

13日、

巨額の費用を捻(ねん)出(しゅつ)するめどが立たないとして、

構想を断念する方針を明らかにした」

 

 偶然ですが、

 

橋下知事が

「大阪の子供全員をUSJに連れて行きたい」と提案

 府が実現性を検討

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100210/lcl1002100723000-n1.htm

という記事がでたのは

2010年2月10日

ニットの年の一念通天の日のことなので、

府はこの構想を

365日-150日

210日以上検討した結果、断念、ということになります。

通天の日に 思いや計画を発表したから といって

必ず形にできる というわけではない

 

ということをこの記事をみながら思いました。

 

子供むけのプロジェクトに関しては

期待させてがっかりさせる

のは

よくないと思うので、

全額公費負担という形ではない おとしどころ が

さがせなかったかな

という気もします。

ただ、

11日時点で この件は、予算の確保ができずに知事あずかりになった

という記事

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100911/lcl1009111338000-n2.htm

の中の

「府財政は多額の負債を抱え、依然厳しい状況が続いている中で、

知事がUSJ招待構想を表明した2月は

、ちょうど22年度予算の赤字化を回避したところだった。

ある府幹部は

「黒字予算となったこともあり、

知事も子供たちに夢を与えようと

大風呂敷を広げたんだと思う」

と慮った。

 

というコメントに対して、

 

大風呂敷を広げる人がいることは

子供のことに関しては

大切なことだと思うので、

 

橋下知事にはこれからも 

大風呂敷を広げて

そして、形にしていってほしいと思います。

 

私の場合も

2010年2月10日通天閣にマフラーを巻いちゃおう!

というプロジェクトは

想像以上に

身の丈にあってない

大きな大きな風呂敷で

結果的にあきらめるべきだったこともたくさんあったのですが、

香川県と大阪府、そして、東京都の小学生 

で製作に参加してくださった子どもたちとの

約束

だけはまもりたい

という私の思いがつよく、

無理して無理して実現にこぎつけました。

その結果、予算オーバーに対するリスクヘッジがたりなくて、

今も

その後始末をしながらの活動ですが、

子供たちとの約束をはたしたいからやりとげたい

という私のわがままを応援してくださったみなさんに

感謝しています。

ただ、

来年、再来年にむけては

とにかく

経費計画に無理がないよう

身の丈にあったことを

つみかさねていきたいと思っています。

 

そいうわけで、

GBAプロジェクトとしての今回のニュースのうけとめ。

知事も府の担当者さんもUSJの担当者さんも、

子供たちのために、と、がんばって検討してくださったことは

すごいことだ

ってこと

 

子供たちに伝えたいです。

 

GBA210クラブの日は、みなさんご存知2月10日。

一念通天の通天の日と ニットの日がかさなる 2月10日

がんばってる人 Be Ambitious!

がんばってる人に手編みを贈ろう!

 

今年2010年は 語呂あわせとしても ニットの年!

ということで、

大阪のシンボル通天閣さんにみんなで力をあわせてマフラーをプレゼントしました。

製作に参加してくださったみなさんや

実際の通天閣マフラーや テレビや新聞でのニュースをみてくださったかた

応援してくださったかた

手編みをやってみようかなって人がひとりでも多くなればいいなあ

 

なんて思いながら

 

来年の2月10日のこと考えています。

 

2008年からのGBA手編みプロジェクトの作戦会議でわかったことは、

手編みというものは手間ひまかかるので、時間がかかる ということ。

 

ニットの日、手編みをプレゼントしてがんばってる人を応援しよう!

というメッセージを形にするには、

 

ニットの日まで150日のこの季節

9月になってすこーし秋の気配が感じられるようになった今

誰のために 何をあもうか 

考える!!!

ことが大切ですね。。

 

GBAプロジェクトとしては、

2009年 通天閣のビリケンさんにマフラー奉納

2010年 大阪のシンボル通天閣さんにマフラープレゼント!

についで

2011年はどうする?

 

2010年 は ニットの年ともよめますが、 フットの年ともよめるので。

 

今年の秋は 3年前から準備をすすめてきた 靴下あみ に挑戦する予定。

 

とはいっても 靴下は難しすぎるかも  という 声もうけて

ニットデザイナー トレマーガのITSUKOさんにつくっていただいた GBA レッグウォーマー型くつしたの編み図をベースに

 みんなで 編みもの 

楽しみながら

がんばってる自分や

がんばってる家族や

がんばってる友達の くつしたをあんじゃいたいと思います。

2010年のニットの日に通天閣さんにプレゼントしたマフラーも ネックウォーマー型マフラーだったことだし、

輪あみでわくわく

そんな秋になりそうです!!

 

個人的には

受験勉強がんばってる娘や

高松のFOJ(福おば塾→福ちゃんのおばちゃんの塾→私が教えている学習塾)の受験生たちに

受験がんばれー

合格しますように!!

と思いをこめて

一念通天合格くつしたも

あんでプレゼントしたいです。

 

好きな人がいる人は、

バレンタインデーに思いが伝わりますように

そんな一念通天くつした 

今から準備すればばっちりですね。。

2008年の秋は、ちょうど NY在住のピアニストmikaさんのサンバジャズコンサートを全国でやる

ということで、千駄木のトレマーガさんで サンバジャズをききながら 編み物をして

2008年のGBAの秋は 靴下とサンバジャズでカラフルに!

http://www.gba451.info/hpgen/HPB/entries/97.html

の秋でした。

なつかしー。。

あれから2年たって、

MIKAさんはこの秋また日本でツアー中。

ドラマーのラファエル バラータも イリアーヌとのBLUE NOTEでの公演をおえて、台湾で。

みんな がんばってます!

 

ということで。

2004年以来 くつしたで毎日を楽しく!  のGBAくつした作戦会議

くつした が編み物だった  ということさえしらなかった私たちですが、

くつした日本一の岡本株式会社が2006年から2009年までメセナとして開催していた

手あみ靴下コンテストとの出会いがきっかけで、 手あみクラブ→GBA210クラブ

となってきたことを考えると

なんだか 靴下 というものに 感謝です。

 

ところで、

真夏は素足という人でも くつした をはきたくなるのは、 気温が17℃ になったとき

だそうです。

まだまだ

くつした やニットの季節とはいえないかもですが、

きれいな色の糸や道具や

デザイン図をみているとやっぱり楽しい。

 

そうそう

クリスマスまでもまだ101日ありますから。

 

ニット&フットの年の2010年秋冬は 手編みとくつしたがきっかけで GBA的ハッピーなコミュニケーションの輪 ニットワーク が広がりますように。

 

2010年秋冬 プロジェクト

もうすぐ発表ですので

ぜひ

みかけたらご参加ください。

 

2008年の秋 高松の商店街で開催された まちゆうえんち

去年の秋 Y150横浜開港博つながりの森の中の 緑と食の楽校

についでのニットのワークショップ。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GBA210

| コメント(0) | トラックバック(0)
 

がんばってる人 ビー アンビシャス!

   がんばってる通天閣にマフラーをプレゼント

ニットの年の「通天の日はニットの日」

 

 

ガールズ・ビー・アンビシャス!がんばってる人・ビー・アンビシャス!

2002年以来、全国各地のジュニア世代、ママ世代、グランマ世代3世代みんなの

「ほしいもの」「元気がでるもの」「なりたいもの」を形にする情報受発信イベントを、

ITをつかった時間と場所にとらわれない働き方、テレワークで運営している

GBAプロジェクト(本部 香川県高松市 代表 吉澤 久美子)は、

ニットの年の 通天の日でもあり、ニットの日でもある2010年2月10日、 

一念通天と目標にむかってがんばってる人 ビー アンビシャス!

というメッセージを、

大阪のシンボル通天閣にみんなでがんばってつくったマフラーを巻くことによって

発信します。

 

「無限なる驚きのよろこびの必要、子どものために」

という挿絵画家茂田井武の言葉をかかげているGBAプロジェクトは、

通天の日とニットの日、という偶然の組み合わせをきっかけに、

20091月に、2010210日通天閣にマフラーを巻いちゃおう!プロジェクトをスタート。

2010年、ニットの年のニットの日、

半世紀以上にわたり、

晴れの日も雨の日も、暑い日も寒い日も、

大阪のシンボルとして世界にむけて

元気をがんばって発信しつづけている

通天閣に

マフラーをプレゼントする、

ということを目標に、全国各地で作戦会議をしてまいりました。

 1年前の2009210日には、

通天閣のビリケンさんに手あみのマフラーと帽子を奉納して成功を祈願。

そのニュースがきっかけで、

通天閣の名づけ親 藤沢南岳の故郷、香川県 にある

全校生徒13名の香川県さぬき市立多和小学校の子ども会から

参加の打診があったことから、

多和とタワーをかけて、

「ハッピーマフラーでハッピータワーやさかい!」

というキャッチフレーズが決定!

GBAプロジェクトとしましては、

子どもたちの参加費用を捻出するために、

子どもたちにニットをとおしたあたたかいコミュニケーションの輪を広げるための 

ニットワーク教室を送るプロジェクト 

ハッピーマフラープロジェクト

をテレワークで運営するしくみづくりの実験といちづけ、

そのキャッチフレーズのご縁で、

大阪の堺市の小学校で参画協力校を探し、

社団法人日本編物文化協会大阪府本部さまのご協力をえて、

堺市立新浅香山小学校5年生6年生の

家庭科の授業でのとりくみが実現しました。

 

実際には、構造上の問題、安全性の問題、

そして、費用面の問題などから、

何度も実現をあきらめざるをえない状況になりましたが、

「自分たちががんばって編んだパーツが小さくても

通天閣のマフラーの一部となってニットの年のニットの日にまかれる、

それが大きな動機付けになります」

との先生方の言葉をうけ、なんとしてもマフラーを巻く、

ということを実現させたい、

ということで、くりかえし作戦会議を実施。

GBAのその思いに、通天閣観光様はじめ、多くの企業様、クリエーター様、

個人のみなさまがこたえてくださり、

高さ103mの通天閣のネック部分、地上75mの高さのところに、

8枚のパーツからなるネックウォーマー型マフラーを巻く ことになりました。 

9日に作業を開始し、10日、11日と巻かれる予定です。


一念通天 という思いに対し、

通天閣観光株式会社様には、多大なるご支援をいただきました。

通天閣に似合うとびっきりのマフラーを、ということで、

デザインは大阪を拠点に世界にむけて活躍しているスタイリスト 

オペラの 天野恭子さん

子どもたちへの技術指導は、

多和小学校子ども会にむけては、

ママであり、ナースであり、手芸作家でもある

高松在住のアンビシャスママ 三谷千春さんに、

新浅香山小学校の家庭科の授業では、

社団法人日本編物文化協会大阪府本部役員7名の先生方に

担当していただきました。

手あみやメリヤス生地、ポンポンなどの素材をデコレーションしていくという作業は

天野さんチームならびに、GBAメンバーが担当しました。

マフラーをまくという設置作業につきましては、

通天閣のネオンの保守設営のご担当でもある

大阪クロード株式会社様に多大なるご苦労をおかけし、

実現にむけてご尽力いただきました。

何度も仕様変更があったということで、

材料の毛糸やハトメなどの急な調達にあたり、

高松の手芸センタードリーム様、

大阪のクロバー株式会社様、

ABCクラフト様、

奈良の株式会社益久染織研究所様にご協賛、ご協力をいただきました。

特に、さいごのさいごで、一部、旗の生地にきりかえる、ということで、

トーエイ株式会社様に、

そして、福崎空中広場をつかわせていただくにあたり、

NPO法人ギャラクシーブライト様、

株式会社 杉村倉庫さまにも御世話になりました。

さぬき市の小学生ががんばって参加する、ということで

香川県では、廃業したシャツ縫製工場で眠っていたメリヤス生地を

大量にご協賛いただいたり、

手袋の急な調達にこたえていただいたりしました。

また、大阪のシンボル通天閣でのプロジェクトということで、

オペラの天野さんはじめ、大阪のクリエーターやファッション、

デザイン関係の皆様には

物心ともに多大なるご協力をいただきました。

ニットの年のニットの日に

通天閣には高さ210センチのまっかなVery Big ビリケンさんあみぐるみが登場。

GBAとしては恒例の札幌雪まつりの市民雪像づくりで

大通り西12丁目の210センチのビリケンさん雪像とあわせて、

紅白の210センチビリケンさんで

ニットの年のニットの日をお祝いしています。

21019時からは、通天閣の地下 スタジオ210で

GBA的わくわくパーティー

 210LOVERS ONLY

を開催します。

210という数字で思い浮かべるものは、

通天閣の人もあれば、

ニットの人もあります。

ニットといっても、

手あみを思い浮かべる人もいれば、

機械編のセーターや、

メリヤス生地のTシャツや

靴下、

手袋

を思い浮かべる人もいます。

GBAは、みんな違ってみんないい!

というメッセージをこめて、

ニットのファッションショーを中心としたパーティーを

オガワジュンゾウクリエイツプロデュースでの開催です。

入場料は2100円。

211日には、制作に参加してくださった小学生があつまり、

GBAハッピーマフラーでハッピータワーやさかいまつり を

通天閣観光さまのご厚意で、通天閣3階をお借りして

10時から16時まで開催します。

11時からの、

多和小学校子ども会と新浅香山小学校6年生による

ステージイベントや、

社団法人編物文化協会の先生方による

手あみワークショップ、

GBAプロジェクトによる

GBA message for children 展 などもりだくさんです。

入場は無料。

ぜひみなさまお越しください。


GBAプロジェクトは、

社団法人日本テレワーク協会から、2004年度、テレワーク奨励賞を受賞し、

全国各地のママたちで、ITを使った時間と場所にとらわれない働き方を模索中。

収益をあげて、子どもたちの放課後の居場所づくりを、

とさまざまな実験プロジェクトにとりくんでいます。

企画・運営は、株式会社LOFTY。

LOFTYという社名は、札幌農学校のクラーク博士の教えが

「Have a lofty ambition!高い志を持て!」

だったことにちなんでいます。

 


主催GBA「2010210日通天閣にマフラーを巻いちゃおう!」プロジェクト実行委員会

代表 GBAプロジェクト代表 吉澤久美子  アドバイザー 大星公二

本件 お問い合わせ GBAプロジェクト代表  吉澤 久美子 


 

GBA大阪  550-0002 大阪市西区江戸堀2-1-1 江戸堀センタービル9

 

GBAプロジェクト事務局 

107-0061 東京都港区北青山367 青山パラシオタワー11
TEL 0357787164 FAX 0357787166 

企画・運営   株式会社LOFTY 〒760-0080 香川県高松市木太町20603 

GBAプロジェクト ウェブサイト    http://www.gba451.info 

 

2010年2月10日 通天閣にマフラーを巻いちゃおう!プロジェクトから

はや

7ヶ月がたとうとしています。

 

あっという間に時はながれ

 

一念通天   GBAボーイズ&ガールズは志望校にむかって 猛勉強中!

高松BOYSは めざせ 210点!!!

私のほうは、

2008年に東京でスタートしたGBAの手編みクラブ 

 

帽子 マフラー とプロジェクトがすすんできて、 今年こそ靴下!!!

 

GBAを応援してくださっている

靴下日本一の岡本株式会社様のご支援もえて、

GBA手編み靴下コンテスト

わくわく 企画を 足し算したり引き算したり で最終調整中です。

 

東京スカイツリーが 451mごえした今週

GBA210クラブの がんばれ日本!の思いをこめて

GBAJAPAN.COM

にGBA210クラブのブログを開設しました!!!

 

GBAプロジェクトの情報受発信サイト GBA451.info

ならびに

2010年8月10日に高松でスタートした

GBA810クラブ

地球と平和のこと考えるブログGBAEARTH.COM

ともども どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今日は東京は大雨だそうですね。

高松は日が暮れて

少しは涼しい感じです。

GBA210クラブって?

GBA210クラブは

2009年2月10日 

ニットの日と一念通天の日が重なることに気がついて初めてやってきたニットの日に

2010年2月10日通天閣にマフラーを巻いちゃおう!プロジェクトの成功を祈念して

通天閣のビリケンさんに帽子、マフラーを奉納したときに

2008年から

東京千駄木 ニットと毛糸のお店 トレマーガさんで活動を開始していたGBAの手編みクラブ

が進化して発足したクラブです。

 

おかげさまで、2010年2月10日 通天閣にマフラーをプレゼントすることができました。

 

ニットを通したあたたかいコミュニケーションの輪 ニットワークを広げたい

 

手先が少しでも器用になるように、こどもたちに手編み教室をプレゼントしていきたい

 

毛糸が生活の中にはいってくるとなんだか楽しい!そんなわくわくをみんなでシェアしたい

 

がんばってる人 ビー アンビシャス!がんばってる人をニットで応援したい

 

いろんな思いをこめて

一念通天 と 通天閣さんにマフラーをプレゼントさせていただきました。

 

あつかった夏が

やっとすぎゆく気配の9月。

 

GBA210クラブ ニットの年のニットの季節をめいっぱい楽しみましょう!

ということで

秋冬企画 ぜひよろしくお願いいたします。

 

GBA事務局 

107-0061

東京都港区北青山3-6-7

青山パラシオタワー11階

 

03-5778-7164

03-5778-7166

 

代表 吉澤久美子

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261